今度こそボールペン字講座を習おう

MENU

字の上手い人には憧れます。毛筆であれペンであれ、本当に弘法筆を選ばずって言う感じで、さらさら〜っと何気なく書いている走り書きでさえ美しい。

 

最近は、パソコンとプリンターのお陰で、手紙やはがきを書くことも減ってきましたけど、やっぱり手書きでないと行けないという場面は少なからずありますよね。

 

熨斗袋の表書きなんていうのも、確かにプリンターでもいいんでしょうけど、出来れば筆で書けたらって思います、記帳sないといけない場面なんかに出くわしたら、そりゃもう見えない場所に沢山汗をかきます。

 

これでも、中学生ぐらいまではお習字をならってたんですが、一生懸命さがたりなかったんでしょうか、子供の頃の習い事なんてホント何の役にも立ってません(涙)。

 

一時期、洋菓子店に勤めていたことがるんですが、そこで問題になるのが熨斗紙の名前書き。

 

書き慣れた自分の名前じゃなくて赤の他人さん、それもお金を頂くお客さんの名前ですから緊張度もマックスになります。

 

こちらでよろしいでしょうか…。

 

と、書きあがった熨斗紙を確認して頂くんですが、「ダメです」なんていうお客さんはもちろんいませんけど、反対に申し訳なくて心の中で「こんな字ですいません」と、何度唱えたことか。

 

その頃に、筆ペンを買って日々練習をしてみたんですが、名字なんて物凄く沢山ありますよね…。

 

気持ちが大事だからと、同僚やオーナーにも言われましたけど、お店番の時には、「進物のお客さん来るな~!と、毎日念じていたものです。今度こそボールペン字講座を習おうと思いました。